善玉カルシウム

健康によいと考えられるカルシウムは、風化つまり化石(あられ石)化した炭酸カルシウムが特に良いそうです!
一方、動物の骨、魚の骨、生牡蠣の殻、などから抽出したカルシウム含有
食品、市販のカルシウム剤、化学薬品でのカルシウム摂取では可もなく不可もなくのものが殆どですが、
なかには「ダウン症状」が起きるものがあるそうです!
「ダウン症状」とは「一時的に血中カルシウムが増えますが、これを排出しようとする体内の働きにより、その後は以前よりカルシウム濃度が低下してしまうという現象」を起こすようなカルシウムを「悪玉カルシウム」と云います。
それに対し「ダウン症状」が起きずに血中カルシウム濃度を増やさず、骨密度を増やすのが良質なカルシウムが「善玉カルシウム」とも言われています。
この「善玉カルシウム」を含有しているものは「風化貝化石中の炭酸カルシウム」等があり、このような良質なカルシウムをとるのが骨の健康に良いそうです。

※良質なカルシウム
風化貝化石中の炭酸カルシウム〜ソマチットアイ、八雲風化貝カルシウム、漢方・牡蛎(ボレイ)の化石
小魚、野菜(根菜類)、海藻類、胡麻 etc.

※その他のカルシウム
卵の殻、蟹の甲羅、獣骨、貝殻の粉末 ⇒ あまり良い結果が出ていないそうです(骨密度、X線写真)