ソマチットと免疫力

人の免疫力にはソマチットが関与しているという説があります!

ソマチットによってもたらされる「細胞活性」が「基礎免疫」免疫細胞・白血球の抗原抗体反応を上げる役割を果たしているのではないかというものです。

2500万年前の化石の中で生き続けてきた「古代のソマチット」は化石の中という

過酷な環境の中にいたソマチットは強く耐性を持ち、健康でない人の体内にいても

その活動を止めることはありませんが、現代のソマチットは環境に弱くすぐに殻を作って活動を中止してしまうそうです。

このときより基礎免疫力の低下状態が続いて健康状態に影響を与えてしまう。と考えられています。

肉体内に存在できた「ソマチット」は細胞に保護され続けたてるため、退化し弱くなったと考えられています。